in シーバス パターン

これがシーバス 稚鮎パターン!釣れるマル秘攻略方法

春のシーバスパターンのひとつである「稚鮎パターン」はあまり知られていない。

あまりに有名なバチ抜けに押されて認知度が低い。

があまり知られていないからこそ知っているとけっこうな確率でシーバスに出会える知る人ぞ知る美味しいパターンだったりするのである。

そこで知っていても釣ったことのない人にも

お得な!?稚鮎パターンの攻略方法を解説します。





稚鮎パターンとは

シーバス・稚鮎パターン
鮎=河川と思われがちだが、「稚鮎」は文字通り鮎の子供。
晩秋に河口で産卵された卵から孵化した幼魚は、本来

淡水魚の鮎も極寒期は海で過ごし、5cm~10cmくらいの大きさになると川へ戻りはじめる

このときの川に戻る稚鮎の大群を追っかけてくるシーバスを狙うのが稚鮎パターンなのだ。

時期

春一番が吹く3月初旬ごろから、バチ抜けシーズンよりも少し遅れてやってくる。

地域の気候によってもまちまちですが、3月~5月くらいが稚鮎の時期になります。

ポイント

先述の通り、稚鮎は海から河川に戻ってくるルートを辿ります。

ですから、3月初頭のシーズン始まりかけのころは目いっぱい河川よりも、漁港や堤防、防波堤絡みの河口に沸いてきます。

4月に入るくらいから徐々に河口に群がるようになってきます。

4月半ばから5月に入ると川を遡上しはじめます。このように時期によって少しずつ狙うポイントも移動します。

 

潮目やヨレ

春のベイトパターンの特徴である泳いで川を遡上してくるわけではないので、川の流れに乗って流されてくる。

流れに逆らえない個体は自然と流れがぶつかるヨレに集まりやすい

そのヨレ付近や直下でシーバスがステイしていることもある。

時間帯と潮

稚鮎特有の行動パターンを知ればシーバスが釣れる確率も上がる。

ほかのパターンも同様ですが、小手先のテクよりも最も活性が上がる時間帯とポイントさえ抑え

その場所にあったアプローチさえ仕掛けてやれば魚が居れば1投目から食ってくることもしばしば。

 

潮のタイミング

遡上しはじめる4月くらいになるといちばん大きく移動するタイミングが「増水時」

増水し水かさが増すので、堰などの高い場所でも遡上しやすくなり、登ってきてどこに溜まるかを推測しやすくなる。

 

夜はシャロー

シーバス・パターン・夜
日が落ち暗くなると稚鮎などの小さな魚はシャローに集まってきます。

水深が無く逃げ場の少ないシャローは、シーバスからすれば

稚鮎を追い込んで捕食するのに絶好の場所

となります。

流れが直接当たらない中洲の両サイドや、カーブの内側に身を潜め夜を過ごしている。

潜らない小型のミノーがベスト。

 

常夜灯周りもアツい!

常夜灯・シーバス・パターン
シーバスの釣り方に明暗部を狙うのは周知のとおり。漁港や常夜灯のあるサーフには自然と稚鮎も集まり

明るい場所をに集まってくる稚鮎をシーバスは暗がりに身を潜め狙う。

灯りに照らされた水面付近で稚鮎はエサを食べているので、水面直下を泳ぐルアーが良い。

 

一番活性が上がるデイゲーム

夜はシャローにいるが、実際遡上を繰り返すのは日中なのだ。

日中に動きまわる稚鮎を追っかけているシーバスもまた活性が高い

といえる。

ルアー

 

サイズ

シーバス・稚鮎pターン・サイズ
春先のマイクロベイトと混同されることが多いが、それよりも若干サイズが大きいと考えているほうがベター。

マイクロベイトパターンほどシーバスがサイズに対して神経質ではない。

ベストは5cm~8cmくらいだが、実際12cmくらいのルアーでも釣れる。

自分のフィールドにいる稚鮎の大きさに合わせてサイズをセレクトするのがベストだろう。

 

流れに強いルアー

増水時や流れが強いタイミングを狙うので、基本的に流れに負けない流れに身をまかせてもちゃんと泳いでくれるルアーがいい。

 

稚鮎パターンにおすすめのルアー

シャローを探るのに潜らずにしっかり浅瀬を引いてこれるルアーは必須だが、それと同じくらい必要なのが飛距離

シャロー帯は限られているためくまなく広く探る必要があるからだ。

「潜らない」、「遠投性能」を併せ持ったベストサイズ!
また、ファストアクションや強い流れでも泳ぎが破綻しない計算されたリップ形状は、もはや稚鮎パターン攻略用と言っても過言ではない。

自分が愛してやまない一押しおすすめのルアー!!

釣り方・アクション

遡上をしはじめる日中は、川を上るのでおのずと稚鮎は上流を向いていることを意識。

ルアーの頭を上流に向かせドリフトさせてくる。