in シーバスロッド インプレ

サクラマスロッドでシーバス!テンリュウ・レイズRZ87H インプレ

サクラマス・シーバスロッド・テンリュウレイズRZ87H・インプレ
自分はコルクグリップのデザインのロッドが好きだ。
EVAが嫌いな訳ではなくて、

所有している中のバリーエーションとして
1本は持っていたいと思っていた。

そこでシーバス用に購入したのがこの
テンリュウ・レイズ・RZ87H。

サクラマスのためのロッドだ。

何にせよ、好みの問題もあるがこのウッドとコルクのコンビの
バッド部のデザインに惹かれたのがそもそものきかっけだった。

見た目は完全にソルトウォーターのロッドではない
トラウト志向よりのデザイン。

シーバスも中流域の河川で釣行することの多い自分には
憧れの1本だったので、

いるかいらないかは別として、予備のシーバスロッド的な
見て楽しんで、これで釣ってる自分に酔う!?ために購入した。

使い始めたのは2年ほど前だが今でも
出番の多いテンリュウ・レイズ・RZ87Hのインプレをしながら

サクラマス専用でもシーバスロッドの代用が可能な点をお伝えしようと思います。




サクラマスはシーバスロッドと併用できる

サクラマス・シーバスロッド|テンリュウレイズRZ87H
見た目に憧れているだけではシーバスは釣れないし
使えないロッドを買っても仕方がないので

念入りにググってみたら、動画や画像で
河川の上流域でトラウト狙いのトラウトロッドで
シーバスバンバン上げてるじゃないか!

これならイケるかもということで、
長さ、キャスト可能なルアーの許容重量を見て決めたのが
テンリュウレイズRZ87Hだった。

全長:8.7ft(2.62m)
アクション:レギュラー
許容ルアー:7~30g
ライン:8~16lb
自重:124g

クラシカルな高級感のあるルックス

バッド|サクラマス・シーバスロッド|テンリュウレイズRZ87H
このブリティッシュトラッド風!?な

コルクとウッド、ほどよい箇所でのメタルの組み合わせの
バッド部のデザインは最高にいい!!

EVAグリップ好きでコルクの嫌いな人には
何のメリットも感じないと思われる。

コルクの質も上質なのか2年ほど使用しているが
未だけっこうきれいなまま。

この手のロッドはもちろん釣行後にお湯で洗うのは鉄則。

またコルクグリップの部分はたまに洗剤で洗ってやると
黒ずんだ汚れが落ちてきれいになる。

嗜好品としてのタックルもメンテが必要。

ウッド・リールシート

リールシート|サクラマス・シーバスロッド|テンリュウレイズRZ87H
リールシートのデザインも
ローズウッドにコルクとメタルで
高級感があって好きだが、ちょっと剛性感に不安が残るが、

いまのところは全く問題ない。

リールを固定したときのぐらつきとかは全く感じないし
3000番クラスで最近の自重が200gくらいの軽いリールなら

手元で感じる感度も必要十分

ガイド

ガイド|サクラマス・シーバスロッド|テンリュウレイズRZ87H
軽いチタンフレームのKガイド

もちろんシーバスで多用する15~20gのルアーの
キャストするのに持ち重り、先重りはまったく感じない

ブランクス

ブランクス|サクラマス・シーバスロッド|テンリュウレイズRZ87H
カーボン96%で、残りの4%にグラスが含まれており
通常、弾力性の高いシーバスロッドを使っているので
ブランクスは少し粘る感じがする。それがまたいい。

この特性を生かして私は夏場のポッパーやペンシルを使った
トップウォーターのときに

ミスフッキングを防ぎ、
追い食いしてきても吸い込まれやすいこのロッドを用いる。

アワセを入れるタイミングにもよるだろうが
トップでは今のところ100発100中!!

また画像では伝えにくいが、これ黒ではなくて
ダークグリーンなのだ。

デイゲームの際に太陽光を浴びて深い緑に輝く様は
高級感があって使っている本人の満足感をも満たしてくれる。

まとめ

数あるシーバスロッドの中で最初の1本にこれを選ぶ必要は全くない

所有欲を満たす嗜好品としていくつかあるシーバスロッドのうちの
1本としてならお買い得の1本である!