in シーバスロッド

ベイト シーバスロッド

ベイト・シーバスロッド
近年ソルトウォーターの世界でも
その独特の釣り方から人気がジワジワと広がってきている
ベイト・ロッドを使ったシーバスゲーム

新しい釣りスタイルが見い出せそうだけど、見た目とか格好のよさだけで始めると面食らうことがあるだろう。

ブラックバスでベイトのロッドとリールに慣れてるひとなら
すんなりとシーバスにも使えそうだが
初心者にはちょっとハードルが高いと思われる。

スピニングタックルよりも慣れが必要なのも確かだし
扱いやすいとも言い難いけどベイトやりだすとハマる人が多いのも事実なのだ。

シーバスをベイト・ロッドで狙う時の良い点や注意点を踏まえながら知りたいと思われる気になる点をまとめてみました。





ベイト・ロッドでシーバスを狙う場合のメリット

シーバスでベイト・ロッドを使う時の
最大のメリットはその「手返しの良さ」だろう

スピニングのようにヴェールを上げたり下ろしたり
する必要がなく、投げたあとに聞き手以外のチカラは
すべてハンドルに即座に持っていけるために手返しがいい。

ランガンして何度もキャストするシーバスでは有効になることもあります。

パワーファイトが得意

一段太いラインを用いることができる
パワーも持っているので、

ストラクチャー撃ちや橋脚を
ナメるように攻めるときに太いラインで
強引に攻めることができる。

同じベイトとはいえ、それ相応のロッドも必要だが
ルアー許容重量や許容ラインのポンド等で調べて
パワー重視のものならランカーシーバスなど
大型のパワーファイトが得意なのは

スピニングリールよりベイトリールに軍配が上がる。

だからといってやみくもにパワー重視なのかといったらそれだけじゃない

ベイトにもちゃんとベイトフィネスといって軽いルアーを飛ばせる専用ロッドや飛距離を重視した100m近く飛ばせるリールも存在する。

ただスピニングから乗り換えるのではなく釣り方の引き出しを増やすためのひとつとするなら

ストロングスタイルに照準を合わせたときに選択したくなってくる人が多いのも理解できる気がする。




おすすめのシーバスロッド ベイト

ベイトロッドでシーバス
決してまだまだシーバスシーンにおいて専用のベイトロッドは数が少ない。

その中でも人気の高い3社のメーカーに絞って
おすすめのシーバス用に使えるベイト・ロッドを紹介します。

 

シマノ

シマノ ディアルーナ XR B806M

う~~ん、「オールラウンドベイトモデル」っていうところに
すごく引っ掛かったのだが、いくらシーバスとはいえ

ベイトロッドで9フィート以上あると取り回しが悪く
せっかくのベイトの良さである「手返しの良さが生かせない」

逆にこのくらい長さはないとシーバスではちょっとしんどい

Mを選択したのはベイトのパワー向けに選んでみたが
806MLでも十分シーバスで活躍する機能は備えている。

 

ダイワ

ダイワ モアザン AGS 87MLB

あの”湾奥のプリンス”こと大野ゆうき氏が監修した
モアザンのシーバス用のベイトロッドと聞いてしまったら
くわしい説明は不要だろう。

細身肉厚にしてその剛正感と操作性と降り抜け感はサスガ!

AGSガイドの使用でベイトでも手元で感じる高感度も期待できる。

この見た目とこの性能で実売価格4万5千円前後で手に入るのだから決して高くない!

 

メジャークラフト

メジャークラフト エヌワン NSL-T832M/BF



メジャクラの魅力はそのほかメーカー三強の
S社、D社、O社に引けをとらない性能を持っているのに対し
価格が安い点に最大の利点がある。

このモデルは現在メジャクラが持っている
最新のテクノロジーが全部詰まっていると思われる
唯一のベイトのシーバスロッドでおすすめ

折れやすいと言われるのは、価格が安いので手に入れやすく
扱いに慣れていない初心者が多く使っているからという人もいるし、

自分もまったく気にならないし、かえって魅力的なロッドもたくさんあるのでおすすめのメーカーだ。

アブガルシア

アブガルシア ソルティーステージ KR-Xシーバス SXSC-832M-KR

ソルトウォーターでベイトロッドを流行らせた火付け役のパイオニア的存在。
かっこいい☆彡惚れ惚れする見た目が最高!

「全てにおいて従来を上回るハイスペック仕様!」と謳っているだけあって
その性能も折り紙付き
バスからシーバスに転向してきた人たちに人気が高い

このモデルはシーバス用のベイトのなかでも
適応ルアー:5~30gでいちばん出番が多い15g前後のルアーをつかって釣る
バーサタイルロッドだ。

長さも8フィート3インチと取り回しもいい。




シーバスロッド ベイト ビッグベイト

ビッグベイトを使用してのシーバスには
ぜひともベイトを使ってほしいと思う。


ガンクラフト(GAN CRAFT) 鮎邪 ジョインテッドクロー 178 タイプF #K−06(ビッグバイトスケルトンチャート)

先にシーバスで使うベイトのメリットでもお伝えしたように
太いラインを使いパワーファイトを得意とするベイトは

スピニングタックルの延長線上ではなく
まったく別の釣り方として選択するのが正しい使い方だと思う。

そのなかでもビッグベイトを使った
ストロングスタイルのシーバスのベイトがイチ押し☆彡

ツララ モンストロ 75

TULALA(ツララ) モンストロ 75

文句なし!モンスターハンターのための誰もが一度は使ってみたい憧れのツララのロッド

シマノ ワールドシャウラ 1754R-2

シマノ(SHIMANO) ワールドシャウラ 1754R-2

ビッグフィッシュ対応と聞いて一番に思い浮かぶのが子のロッドではないだろうか。シーバスだけでなくてオフショアのライトジギングとの併用もできそう。

安いシーバス用のベイトロッド

上記でおすすめした、シマノのディアルーナXRや
メジャークラフトのものなら2万円前後で揃えられるので安いほうだと思うが…。
もっとリーズナブルに揃えるには、

ルアーの許容重量=キャスト可能なルアー重量とかを考慮しさせすれば
ブラックバス用のベイトロッドでも十分事足りるしなんせ、ラインナップが多く安くていいものを見つけやすい。

まだシーバスシーンでのベイトは、月日が浅いのでそんなに選べる種類も多くはない。

バスロッドの中で安いものを探すほうが、選択肢が増えていいとも言える。

ただ少しバスロッドではレングスが短く感じると思う。遠投を必要としないピンスポット撃ちになら十分使えるロッドは多数そろっている。キャストできるルアーの許容重量が1/4oz(7g)~1.1/2oz(35gもしくは1oz=28g)くらいのものでベイトロッドを選ぶと大概のシーバスのルアーはバーサタイルに使える。

オリムピック ヴェローチェ RV GLVRC-702H
現在のシーバスで使えそうな安いバス用のベイトロッドはこちら↓
この安い価格で信頼の性能はコスパが高い!

ベイトロッドでシーバスに必要な飛距離は?

ロングレングスのベイト・ロッドに
シマノのエクスセンスDCなどキャスト時の
ラインの放出をコントロールしてくれるリールなら
それなりに60m越えとか飛ばせると思うが、

やはり飛距離についてはスピニングタックルに及ばない

堤防から足下を狙うとか、ウェーディングで橋脚を攻めるとか
あまり飛距離を必要としない小場所とか、

狙ったポイント一点集中的に使うのがベターだと思う。