in シーバスロッド

シーバスロッドは無意味なランキングより「人気」度で検索

今回の章で主に取り上げたいのがシーバスロッドの人気ランキングについてもの申す!

自分は釣り好きでしかも実釣もいいが道具に拘るタックルフェチなので飼いたいものが無くても釣具店に出没したり、暇さえあればネットサーフィンでシーバスロッドほかタックルを見ている。

釣具店で頻繁に出会う知人に「

ここに住んでるの?

」と言われるくらい(笑)

それくらい行ったり見たりしているショップでのいつも気になるのはページのトップの一番最初のメニューのいちばん上は「シーバスロッド」であること!それと付随して今の人気の(売れ筋)シーバスロッドが表示されていたりする。

シーバスはやはり人気で、最初に揃えたくなるロッドは売れるんだろうなっていうのがよくわかる。

こういうランキングとかの表示は、「あ、今これが売れてるんだ」とか
「あ、こんな新しいモデルが出てるじゃないか」とか新たなものを発掘するためのいい機会を与えてくるという意味で非常に重宝する。

購入に迷った時などに非常に役に立つ。

が・・・




ランキングの数字の表す等級と格付けの意味

自分はあまりよくネット見かける個人が偏見だけで評価しただけのこういううランキングなどそのものを一概に評価するのは好きではない。だってシーバスロッドひとうにしても売れ筋なのか、価格比較なのか、それともアクセス数が多くて単純に「人気」なのかで順位が変わってくるわけだし。選ぶ側の主観が入っているので客観的に見れば違うと思うこともことも多々あります。何を元に順位付けされているのかが曖昧では見ていても意味がないからです。


シーバスロッドの種目別ランキング

だからこそどこの海のものか山のものかもわからない誰かの主観的なランキングなんて当てにならないということ。
大雑把に!行くと下記のようなランキングの表し方なら真実味が増す。

人気メーカーランキングトップ3

シーバスロッドの中で人気のメーカーを見てみた。
そんなの俺でも知ってら!っていうのはなしでお願いします。
スピニングロッドとベイトロッド両方を加味して、売れている本数から導き出した。

1

ダイワ
日本の誰もが認める2大メーカーであるからして当然の結果でこの2大巨頭に大差はないが、人気のブランドモデルが一つのメーカーに複数あるのは


2

シマノ
ひとつだけおもしろいことに気がついた。
元々それほど大差ないものの、スピニングではダイワが上回り、ベイトでは若干シマノだったということ。
通常のシーバスロッドとボートシーバスロッドでは人気ランキングの評価も変わる。


3

メジャークラフト
シーバスについていろいろネット検索しあtり調べたりしている人の大半は初心者なのでシーバスロッドは安いのに越したことはない。最初の1本はコスパが高いものを選びたい。
こちらもスピニングロッドの場合で同じシーバスロッドでもベイトリールになるとアブガルシアが上がってくる。

写真は最近メジャークラフトから出たばかりの最新シーバスロッド「トリプルクロス」の扱いやすい9ftの長さのMLタイプ。はじめてのシーバスロッドの1本に人気!?

そんなこんなでランキングについて持論を述べながら、
わかりやすくて真実味のあるメーカー別に種目を分けた人気ランキングをお届けしました。

下記からデイリーな楽天市場のシーバスロッド・ショアキャスティングロッドの人気ランキングも
正確性が比較検討にはおすすめです。ぜひご活用ください。