in シーバス リール

シーバス リール 人気機種に共通するスペックとシーバスリール人気ランキング


シーバス・リール・人気

シーバスのリールで人気のある機種を調べているときにあることに気づいた。

よくビジネス後援会とか成功者の話を聞くと「失敗するときはいろんな理由があるが、成功するときの理由はひとつ」というのをよく聞く。
聞いたことがある人もいるだろう。このことをシーバスの人気のあるリール軍を見ていて思いだした。

人気のあるリール=世の中的に広く認知されいわゆる成功しているシーバスリールは共通点が多いことがわかった。あたりまえといえばあたりまえなことかもしれないけど改めてこうして別の角度からシーバスリールを見るとおもしろい

ともかく新調するときに、この普遍的に人気のシーバスリールの共通点を知ることでもう迷わなくても済む。あとは好みだけで選べばいいからだ。

この章ではシーバスで人気のリールにスポットをあて、それらの共通点から人気の理由を探ってみました。





人気リールに共通するシーバスリールの基本性能

各メーカー、各人気リールのシーバスリールには共通する基本スペックがある。

時流もあるし、その時代で人気の理由も変わってくと思われるが
2018現時点でシーバスで人気のヒミツをまとめました。

まずはそれらが何なのかをご覧いただきたい。

 

軽量化

軽量|シーバス・リール・人気
いまもっともトレンドな性能だと感じる。
一時期はタックルの軽量化なんて「そんな軟弱物…」などと比喩され、あたかも軽いリールを望むアングラーがひ弱な男のように言われていたが
今では軽量化も認知されはじめたと感じる。

軽量=低い剛性というイメージも日進月歩、軽い素材でも剛性が高められる技術は私たちが知らないだけで確実に進んでいる。

ポイントが荒磯やサーフしか行かないとか、重たいルアーしか投げないとか、釣り方によっても求められるリール性能が違うが、同じくらいの性能ならばより軽いほうがいいに決まっている。

感度も良くなり、疲れにくいという利点は、シーバスアングラーの集中力を持続させることに直結するため必然的に釣果にも結び付きやすくなる。

 

安心できる重さ

適度な重さ|シーバス・リール・人気
軽量さと謳っていながら相反することを言うので躊躇はしたが(笑)、率直に最近のいろんなタイプのリールを手に取ってみて感じる。

最近のリールは巻きも軽いし、体感する軽さは実際の自重以下に感じるけれど、なんていうのか言葉にするのが難しいがパワーもあってランカーシーバスに対応するようなシマノの4000番、ダイワの3000番以上に共通するのが「適度な重さ」なのだ。

スプール形状が大きいだけでなく、ギアとかベアリングひとつの厚みとかが違うことで釣り種にあわせて剛性を高めていることを適度な重さで感じるのである。

 

巻きの軽さ

巻きの軽さ|シーバス・リール・人気
これも、人気のある機種は今の時代シーバスリールはどれも巻きが軽い。どんなハイギアでも重たく感じることはほぼない。(ノーマルと比べればあるが…)

ギアの鍛造技術とか組み合わせの技術が進歩したからだろう。価格=性能=巻きの軽さの図式は最近のリールの主流だと思う。

 

防水性能

防水性能|シーバス・リール・人気
フレッシュウォーターの釣りならあまり関係なさそう。

ダイワのマグシールドからはじまった機能で、これがついているかとセルテートイグジストを好んで使う友人をみて「そんな機能なくてもいい!」と思っていた。
が、今では現在のシマノのX-プロテクトなど、ソルトウォーターでは必須な項目であると勘違いしそうな性能。これも今の人気のリールに共通している。

あれば海水からギアが保護でき、耐久性にも繋がるのだろうけど、なければ毎回釣行後に真水で洗い乾燥しておけば問題ない。


 

高剛性

高剛性|シーバス・リール・人気
シマノのCi4+や、ダイワ独自のZAIONなど独自に開発された新素材で作られたリールが発表されたときには、こぞってみんなで「剛性が低い」、「剛性が不安」などとも言われた。

そんな時代もあったが、著名なメーカーに限っていえば剛性に不安を感じる?ことなんてそうそうない。使い方にあった必要最低限のリールさえ選択していれば何も問題は感じないほどに各メーカーの剛性の信頼度は上がっている。

 

所有欲を満たすデザイン

見た目・デザイン|シーバス・リール・人気
好みもあるだろうし、そのときの時流にも左右される(旧型と現行のステラやイグジスト)など、見た目のデザインに対する価値観は人それぞれ違うがやっぱり直接釣果につながる要因ではないにしても、

カッコイイデザインのリールには憧れる。

 

ブランドとして定着

ブランド化|シーバス・リール・人気
シーバスシーンにおいてのリールは、ロッドよりも選ぶ種類が限られている感じが否めない。
リールの種類が少ないと言っているのではなく、偏っているということ。

アメリカ人は「自ら率先して開拓!」
イタリア人は「女の子にモテるほう!」(笑)
で、日本人は「みんなが持っているから…」

これはお国で違う行動の動機を示した例だけど妙に納得がいく。

シーバスを狩るために釣れるリール、安心して使い続けられるリールとして選ぶのだけど、結局数種に絞られるということに気が付く。

これは日本だけの特有の現象なのだろうか?気になるけど、私自身もまた同じメーカーの人気リールを買ってしまう(苦笑)

 
 

新鮮さ

新鮮さ|シーバス・リール・人気
今の釣り具メーカーは2年~4年周期でフルモデルチェンジされる。
やっぱり人気のあるものは売れ筋ランキングを確認してもいつも上位にいるが、

新機種が発売開始されたときは、普段ではランキング圏外のやつでもやはりその時だけは上に来る。

世の中は空前の熟女ブーム(関係ない!?)が、いくら人気でも新鮮さは何よりも優遇される。