in ボートシーバス

おすすめ!ボートシーバスロッド、安い、メーカー別、青物併用

ボートシーバスロッド・おすすめ

シーバス楽しみながら釣りたいならボートシーバスがおすすめだ。

ロッドはベイトだしいつものスピニングロッドよりもゲーム性が高くておもしろい。

その他に陸っぱりやウエーディングだとしてもシーバスの居るポイントのすぐ傍までは近づくことができないがボートシーバスなら居るであろう間近まで寄ってキャストが可能なので釣れる確率も上がるというもの。

そういうときに使い勝手の良いロッドはもちろん、いつも使っているロッドの特性とは異なるものがほしい。

そこでボートシーバスの好きな私がおすすめロッドを選んでみたのでここで紹介します。




ベイトがイチオシ☆彡

これからボートシーバスの専用のロッドを購入するという人がいたら、間違いなくベイト・ロッドをすすめる。

理由は単純に「

ボートの上で取り回しが良い

」、「

手返しが良い

」と、

おもしろい!

」これに尽きる!

先に言っておくが“スピニングではボートシーバスができない”という話ではない。ベイトがおすすめということ。

たくさんショアで使っている通常のスピニングロッドとはまた違った釣り方が楽しめるし、いい機会なのでここでベイトを揃えておくと釣り方やテクニックの引き出しも増えるだろう。

ブラックバスの世界で、ボート(エレキ)に乗って釣るスタイルでベイトロッドが主体な理由を考えてみると必然的に答えが出てくるはずだ!

安いボートシーバスロッド

最初に選ぶロッドはもちろん安いほうがいい。上達してからいいものを買えばよい。

自分でボートを所有していない限りひとりで行くことがないのでそんなに頻繁に行くことはできないから、安いロッドでいいという人もいるだろう。

そんな人におすすめがこちらのロッド

クロステージ ボートシーバス CRX-662ML/B(ベイトロッド)
昨年暮れに登場したばかりのメジャークラフトのボートシーバスロッド。
コスパが高く安いロッドということで、長年愛されてきたクロスステージの新ヴァージョン

ベイトは2種類

スピニングタイプは全部で6種類

揃っている。

メーカー別・ボートシーバスロッド

ボートシーバスロッドを購入する際に良く探されるメーカーから
メーカー毎におすすめロッドをピックアップしてみた。

 

シマノ

シマノ ディアルーナBS B606ML(ベイトロッド)
港湾部をメインステージに展開されるボートシーバスゲームに照準を合わせたシマノの人気ロッド「ディアルーナ」の兄弟分BSだ。

シマノが誇る「ハイパワーX」&「スパイラルX」など強靭なブランクスも当然採用。さらに「CI4+リールシート」で手元感度にも影響する軽量性を実現し、同時に操作性もあげている。

「ボートシーバス」特化という明確なコンセプトのもとキャスティング性能にとことん拘り抜いたロッドはおすすめ!

スピニング4種、ベイト2種のラインアップ。

 

ダイワ

ダイワ ラブラックス AGS BS 65MLB
ボートシーバスが最も活発な東京湾の人気船「アイランドクルーズ」の遠藤正明キャプテン監修といえば、それ以上おすすめする理由も説明しなくてもよさそうだが。

黒を基調としたシックなデザインが特徴の人気の高いラブラックスのボートシーバス専用機。

もちろんダイワの先進技術である高密度HVFカーボンやAGSが取り入れられているので操作性も感度も申し分ない。

ベイトとスピニングタイプが4種類づつ揃っている。ミドルクラスの値段としては妥当な価格だが、この価格でこの性能ならばコスパが非常に高くおすすめだ。

もう少し安いボートシーバスロッドをお探しならほかに廉価版のダイワ ソルティストBSもある。

 

アブガルシア

アブガルシア ソルティーステージ KR-X SBC-632ML-KR
シーバスなどソルトウォーターのシーンでベイトロッドを流行させたアブガルシアのボートシーバスロッドだからこそおすすめしたいし、もともと根強い人気を誇る。

頑丈なロッドはもちろんボートシーバスロッドに求められる、ライントラブルを極力押させるための設計に、バレにくさや掛かりやすさなど繊細さまですべてを「ギュッ」と凝縮させている。

スピニングが4種類、ベイトが3種類ある。それぞれのフィールドに合わせた釣り方で選べる。

 

テンリュウ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【天龍 テンリュウ】 ベイブレイズ BBZ662S-MLK
価格:26568円(税込、送料別) (2018/3/11時点)

テンリュウ ベイブレイズ BBZ662S-MLK
我らが、おすすめのテンリュウ(というより自分が好き!なだけ)
のボートシーバスに特化した専用設計のベイブレイズ。

ここで紹介するものはベイブレイズの新バージョン。

このロッドのもっともおすすめな理由はキャスティング性能もさることながら、そのテンリュウ特有の素材にグラスが入った

粘り

は特筆すべき!!

フッキングの確立を上げるバラシ憎さも秀逸

青物と併用できるボートシーバスロッドとは

これは購入する際に私も考えた。ボーシーバス=オフショアなので青物狙いのジギングタックルと併用できないか?悩んだものだ。

応えは結論から言うと、「

むずかしい

」。

青物狙いで使うジグの重量は自分の行くフィールドによって異なるために一概に言えないが

30g以上のジグをメインとするロッドだと通常ボートシーバスで使う10g前後~25gくらいのルアーでは“硬すぎる”
※秋のコノシロパターンなどランカーシーバスを狙うビッグベイトの釣りならイケる!

数字上、ルアーはキャストできるが、硬くてバイトを弾いてしまうことになりかねない。アタリがあっても「乗らない」状況が勃発する可能性が高い。

ブラックバスなので、ビッグベイト用と巻き物用、撃ちもの用と分けて揃えてボート(エレキ)に乗るのと同じです。