in シーバス ワーム

シーバス ワームの動かし方と釣り方

シーバス・ワーム・動かし方
シーバスを攻略するのに「最終兵器」とまで言われるほど
爆釣することも多々ある、ワームを使ったシーバスゲーム。

そのワームの艶めかしいまるで餌のような絶妙な動き(波動)は
決してプラグでは出せない特性をもっています。

シーバスが口にしたときにワームの食感が
食わせてからのバラシの低減にも一役買っていると言っていい。

そんなこんなで「ワームは釣れる」とか、
「食わせの最終兵器」と呼ばれるワームも
使いこなしてナンボ!!

基本となる動かし方とか
ワームを使ったシーバスの釣り方について解説いたします。

【関連記事】
シーバスのワームの特徴と使い方の秘訣




釣れるからこそ簡単じゃない!?その動かし方

シーバスのワーミングは

簡単そうに見えるがやってみると
結構難しいという人もいることだろう。

実は自分もそのひとりだった(笑)

シーバスのフィールドは激スレがすすんでいる昨今では、アピールを抑えたワームの存在が見直されています。そんな中、当然のごとくプラグルアーとは違うワームの動かし方やアクションの付け方に興味を持つ人が増えてきました。

自分の経験も踏まえて今だから言える
シーバスのワームの動かし方と
ワームを使ったシーバスの釣り方を順を追ってご説明します。

シーバスを釣るためのワームの動かし方

釣り方はプラグルアーの動かし方よりも確実に丁寧なものが近年のスレたシーバスに有効のようで、動かし方もより繊細なものが求められるようになってきました。

これらも踏まえここから基本的なシーバスに有効な
ワームの動かし方で代表的な釣り方を並べてみました。

ただ巻き

ただ巻き|シーバス・ワーム・動かし方
「ただ巻き」、簡単そうに聞こえるけど
やってみるとなかなかうまくいかないのがこのただ巻き

ただ巻き=一定のスピードで
一定のレンジをキープしながら巻いてくることが
最低条件
となるが、これがまた一番むずかしい。

ただ巻いているつもりでも途中で巻くスピードが
速くなっていたり(遅くなっていることもあり)

1回転の間であっても手前に押し出すときと戻すときの
スピードが違っていたりすることはできていると思っている人ほど
よく観察してみるとできていないことが多い。

ワームの最大のメリットである、「少ないアピール」を
生かすためにも、無駄なアクションは避けることは
スレやすいシーバスのスレを軽減させる効果もあるといえる。

しっかりロッドを握り、バッド部分を脇に挟んで
バッドエンドを胸に押し当てるように固定させると
一定のスピードで巻きやすい。

ワームのただ巻きはいかに“レンジキープしながら等速巻き”を安定させるかがキモ。

 

ワインド

ロッドを勢いよくしゃくって、あおった後
ティップを最初の位置に戻しながら糸フケをリールで巻き取る
といった動作を素早く何度も繰り返して釣る動かし方。

大きく素早く動かすことで、ワームにに激しい動きを加え
独特の激しい波動を生み
活性の低いシーバスのスイッチを無理やり入れて口を使わせる動かし方

ただ巻きで一定量を釣り終えた後や、
そのポイントにいるとわかっているのだが
食ってこないときにやってみるとリアクションバイトを誘発できる。

ハイシーズンの、背びれを水面から出して泳いでいる
スレッカラシシーバスにもこのワインドを
見せつけると襲い掛かってくることもあります。

 

ボトムトレース

一旦ジグヘッドごとワームをボトムまで沈めて
一回だけトゥィッチを入れて少し浮き上がらせて

ボトムスレスレを舐めるようにトレースしていく
ワームの動かし方というか釣り方

ボトムをノックする釣り方も後述するが
底を這わせるよりも、底ギリギリを

地形に合わせてうまくトレースするほうが
居着きのシーバスが釣れやすくなる。

 

ボトムワインド・ボトムバンピング!?

あくまでも底を切らさずに、底を感じながら
ロッドをしゃくって左右にワームを動かす釣り方

チヌやブラックバスでクローワームを使って
底を取りながら上下に跳ね上げさせる
ボトムバンピングにも似ている!?

しゃくったあと糸フケをとる方法と
もしくはしゃくりながら巻きとる方法とがあり
どちらも有効だが

どちらも、ほかのボトム狙いの釣りよりも繊細に
食わせの間を開けたりせず、
一定のリズムで巻いてくる
ことで、
スレやすいシーバスのスレを防ぐほうが好ましいだろう。

シーバスをワームで釣る釣り方とジグの重さとワームの大きさ»