in シーバス ルアー

必見!釣れるシーバス ルアー カラー

シーバス・ルアー・カラー
釣れるシーバスのルアーのカラーは?誰もが知りたい情報だからあちらこちらで語られ知恵袋とか質問箱でもよく迷った人が質問しているのを見かける。それくらいシーバスアングラーにとって気になるアイテムなのだ。

だがしかし、シーバスのルアーのカラーに限っては
「○○○がいい!」とか、「ナチュラル系が一番!」とか、

「やっぱパール系☆彡」など

語る人によってまちまちでいろんな情報が錯乱しており、
いったいどれが本当なのか迷ってしまう

で、そこでいろいろなシーバス用のルアーに関する情報を読んで確認し精査したあとに、みんな言ってることは違うのだが

「ある共通点」があることに気が付いた

ここではそれらを元にもっと掘り下げて解りやすく説いていこうと思う。




多くの人が隠したがる釣れるルアーのカラーに見る”ある共通点”とは

まわりくどい説明は抜きに、一気にいく(笑)

いろんな人が語る釣れるシーバスのルアーのカラーに見えてきた「ある共通点」とは下記の3つだった

1. やっぱナチュラルベイト!
2. ごっつパール系!
3. なんてたってクリア^^!

はい、終了!!
以上です(笑)

結局多くの人が言ってるのは集約してみるとこの3つだったのだ。

これに独自理論を折り混ぜながらひとつづつ解説してきます!

ナチュラル|シーバス ルアー カラーやっぱり一番シーバスを騙せる!?

ナチュラルベイト

俗に「ナチュラルカラー」とか言われるいわゆる
スレさせないための第一選択として”マッチ・ザ・ベイト”のカラー選択です。

釣ろうとしているポイントに居るのが確認できるベイトなら最適です。
それとももしくわ、そのあたりにいると予想されるベイトを通してみるという手もあります。

その場合に考えられる目安としては、港湾や磯、海に面している場所ではシーバスの場合、
メインベイトとなる、イワシカラーやコノシロカラー、サッパ、アジキンとかが適していると思われます。

河川や河口では、イナッコカラー、ハク、アユカラーが代表的なパターン。

デイーゲームでも迷うことなく使えるルアーなので、自分のよく行くフィールドのベイトに合わせて揃えておくといいだろう。

パール|シーバス・ルアー・カラー迷ったらコレ!夜の定番中の定番!

パール

元々ブラックバスフィッシングの世界からはじまったルアーフィッシング。その中でも圧倒的な釣果を叩き出していたレッドヘッドパール。

定番レッドヘッド投げて、それでもアタリがなければ写真のチャートバックパール…。

夜の暗がりのシーバスでいちばん早く答えが出るルアーローテーションだと私は思っている。

これでもバイトがとれなければ、先のナチュラルベイトカラーにする。

クリア|シーバス・ルアー・カラー
スレに強い!これで釣れなきゃあなたのせい!

クリア

下手にアピールさせないで、水の色や水の動きによる水中の光を通して自然に水の中で溶け込むクリアはスレ対策にもなる。

入ってくる光量によって角度によっては大きさが異なって見えるので、個体の大きさを小さく見せる効果もある。

ナチュラルやパールで叩きまくったあとバイトが少なくなっても、クリアのルアーに交換しスローリトリーブにしてアピールを弱めると食ってくることがあります。

瀬戸内海では春のイカパターンにも使える。

クリアはデイゲーム向きではないが昼間でも影になる部分がある橋脚まわりの明暗部を明るいほうから通してやると明るいほうの光を反射させて暗がりに入ってくるので効果が高い。

これで釣れなきゃ、レンジが違うか、そこにはシーバスがいないかあなたのテクのせいです(笑)

シーバス ルアー・カラーの総括

いかがでしたか?やっぱりいつも聞く情報と同じでしたか?

私なりにいろいろな情報を見てきて気づき、実釣で自分が確かめることができたのがこの3種カラーだった。

ただいつも人に教えるときに必ず言うんですけど、ほかの釣りと同様に「自分が好きなカラーがいちばん!」です。釣ってる本人が”シーバス釣れるぞ~!!”ってテンション上がるカラーでなければやっていてもおもしろくないはず。

あなたが好きなルアーのカラーじゃないなら釣れるものも釣れなくなるというのが私の持論です。
ここに挙げたのはその目安としてとらえてもらえると嬉しいです。

同じクリアでもまっさらのクリアとヘッドとかベリーだけ色がついてるやつもあり、中に反射プレートが挟み込まれているルアーもある。

そこから、あなたが「シーバスが釣れる」と直感で感じたカラーが一番釣れる!!!!!

…はず^^

です。