in シーバス ライン

シーバス用ラインの色を考察

シーバス・ライン・色
シーバスで使うラインの色について、目を閉じふと考えてみると、
けっこう何気なくいつも選んでいるラインのカラーも色と釣果に因果関係はあるのかとか、
普段気にはなっていてもそれほど
シーバスの釣果に対してラインの色が影響がするとは思ってもいないのが事実。

どんな色でも大丈夫だろうと!?
勝手に思い込んで値段の安いメジャーなものをずっと流用していた自分(笑)




各ラインメーカーの色が示すシーバスPEの目的と用途

シーバスでよく使うPEやフロロ(ベイト)で見ただけでも
有名な名の知れたメーカーだけでも山ほど種類があり、そのカラーラインナップもさまざま。

ただ漠然と選んでいるようでも、
お洒落を気に掛けるファッションじゃないので
色だけでラインを選ぶことはほぼない
と言っていい。

色よりも大切なこだわり・・・

自分のように色は考えずにまずは大切な「価格」と「耐久性」(強度)や「操作性」で決めた後に
「そこにある色」などで選んでいる人がほとんどではないか。

シーバスがラインの色で判断!?

色落ちが早い(塗装が薄い・剥げやすいなど)を感じるラインも中にはあるが、
ガイドに塗料が着いてしまうとか言う人もいるけど塗装が剥げたから使えなくなった。とか寿命がきたとは判断しない。

要するにラインの色なんて

けっこう、
どうでもいい!!

シーバスだってラインの色なんて見ちゃいない!

シーバスがいかに警戒心が強く賢い魚だったとしても、ラインの色を見てまで
「このベイトはやめよ~」とか、「美味しそう~~」とは思わないどころかラインの色でルアーを選んだりはしていないと思う。

メーカーの商品開発とかブランディングの段階で勝手に色が選定されているだけで
ラインの色なんてシーバスの釣果にはほぼ無関係だろう。

でも、そんな回答じゃここにきている人は納得してくれないだろうから、

もっとシーバス用のラインの色について詳しく掘り下げて考えてみることにしてみたら、

各色には「なるほど!」と思う多少なりの意味がふたつ存在していたので
お聞かせしたいと思います。

アングラーからの視認性と操作性でいうならこの色»