in ボートシーバス

ボートシーバスに適したタックル解説

ボートシーバス・タックル
この章ではボートシーバスで有効なタックルを紹介します。

ボートからシーバスは魚のいる場所の近くまで
近づいてルアーを通すので「釣りやすい」と誤解されやすいが

当然狭い船の上からの“投げて巻く”を繰り返す釣りになってくるので
小場所でも扱える、それなりのタックルでなければ

釣れるものも釣り難くしてしまうのは確かだ。

他でも代用できるものと、必ず必要なボートシーバスの
タックルの選び方を大公開します!




揃えておくと幅が広がる“二刀流”タックル

ボートシーバス・二通りの釣り方から選ぶタックル
ボートシーバスには二通りの攻略法が
存在するのでどちらの釣り方で

どんなフィールドで釣るのかによっても
選ぶタックルは異なってくる。

そこで揃えておきたいのが縦の釣りに有効なベイトタックルと
横の釣りにめっぽう強いスピニングタックルだ。

ただし、ベイトタックルには少し慣れが必要で
ボートシーバス初心者の人はまずはスピニングタックルで慣らしてから

上達したら別の釣り方ができるベイトタックルを
揃えるのがおすすめ。

ブラックバスなので慣れている人なら
ベイトタックルから始めてもらいたい。

なぜならスピニングタックルでは縦の釣りには明らかに不利で
使い方次第で、ベイトタックルは
縦の釣りも横の釣りも可能だからだ。

オフショアが大前提!操作性重視で選ぶタックル選択

ボートシーバスは基本的にオフショア=海の上
沖に出て船の上から行う釣りである。

先述した通り、狭い船の上からだと
キャストするにも後ろが気になったり
思うように振り切れない場合もある。

だから操作性を考え、
長さや許容重量を検討したタックル選びが重要になってくる。

ボートシーバス・タックル① ロッド

長さが大事。船の上からでは
後ろに振りかぶれないので、

サイドやアンダーキャストでも操作しやすい
6ft~長くても7ftくらいが最適。

オフショアの青物狙いとは違うので
ルアーの許容重量が10g前後~35gくらいまでの

MまたはMLタイプで十分いける。

MAX100gとかのジギングスペックでは
オーバースペックとなり硬すぎて、
シーバスの吸い込むようなアタリを弾きかねないので
避けたほうが無難である。

ベイトロッドの場合だとブラックバス用で
代用できるものもある。

ルアー許容重量というのはフルキャストに耐えられる重さを
表した表示のことなので
ベイトタックルで真下に落とすボートシーバスの釣りでは

最も重たいくらいでもメタルジグの60g前後なので
MAX30g前後のバス用ベイトロッドなら十分

元のしなりを保ったまま使うことが可能。




ボートシーバス・タックル② リール

スピニングリール|ボートシーバス・タックル
■スピニングリール
引きの強い青物がかかることもあるので
特にドラグ性能が優れているものを選ぶのが好ましい

大きさはシマノなら、3000番~5000番
ダイワなら2500番~4000番クラスがおすすめ

ジギングタックルのリールは代用しないほうがいい。
ラインの太さも大きく異なるし
なんせ、もっと繊細なルアー操作が必要なボートシーバスには不向き。

ベイトリール|ボートシーバス・タックル
■ベイトリール
ベイトリールの大半は淡水専用のものが多く
よく調べてから購入してほしい

汽水域の河川のシーバスと違い
塩水の海で使うことが前提なので
海水対応で水洗いができるベイトリールがベスト

オフショアのジギング専用のベイトリールじゃ
大きすぎ重たくてオーバースペック。

ボートシーバスで縦の釣りに使うベイトリールは
フォール中にアタリがよくあるので
感度が良いものを選びたい。

ただしベイトフィネス専用のものでは
感度は優れているがドラグが弱すぎて話にならない。

同じタックルで代用できる場合もあるが
本気でボートシーバスで釣りたいなら
“適時適材”を心掛けたい。

ボートシーバス・タックル③ ラインとリーダー

断然ラインは感度や吸い込みの良いPEがおすすめ。
ベイトタックルで他との代用するにしても

そのままフロロやナイロンを使用せずにPEに交換したい。

活性が低く釣りにくい状況ほどラインの違いは
顕著に表れる。活性が低い場合アタリはあっても
ショートバイトなので、

それに追従しやすい感度という意味では
PEの右に出るものはいないと思われる。

太さは0.8号~1.2号。

リーダーは必須。14lb~16lbで十分だが
河川のシーバスの時よりも長めに取っておきたい。

スピニングタックルを使用した横の釣りでも
最低1ヒロは欲しい。

海底にはいたる所に沈み根が点在しているので

横に引いてくるときにも根に沿って
ラインが横に擦れてしまうことも多々ある。

根の深そうな場所でベイトタックルを使い
ボトムまで落として縦の釣りをする場合は2ヒロ
くらいはあったほうが安心だ。




ボートシーバス・タックル③ その他備品

■できる限り大きなタモ網
シーバスの遊漁船になら常備はしてあるはずだが
自分たちだけでボートを出す場合はもっていたいのがタモ

どうせ船の端に置いておくのだから
持ち運びが楽じゃなくても
とにかく網の径が大きなほうがよい。

タモだけは大は小を兼ねるだ!
(網目の大きさにもよるけど…。)

最低でも60cm以上の径はほしい。

■水温計
なくてもいいんだけど、けっこう
デイゲームでは重宝する。

これがあると例えベイトが見えなくても
その日の水温をキャッチして任意のレンジを図りやすい。

表層付近の水温が高過ぎれば
ルアーをミドルレンジよりも下から攻めるとか

適温ならまずはトップから攻めて
徐々にレンジをおとしていくとか
戦術が練れる。

番外注意!ボートシーバスのタックル・メンテナンス

シーバスのポイントでいちばん
塩の濃い海水域で釣らなければいけないのが
時には大海原を相手にしたボートシーバスではないだろうか。

釣行後、ロッドは人肌の温水で洗う。
ガイドやグリップエンドなど塩水に当たっているところを
念入りに洗う。洗剤は必要ない。

リールは水道の蛇口をいっぱいに開いて
ドラグをいっぱいに閉めてから、
空リーリングしながら流水にさらす。

塩噛みして乾くと白く塊になってしまい
ゴリ音とか、不具合の原因になってしまう。

ただし水に漬けてしまうのは×
精密部分も浸水していまい故障の原因になり
個人ではメンテができなくなってしまうからだ。

以上、ボートシーバスのタックルについてでした。